審査に自信のない方はこちらの順に申し込むのがベスト

キャッシングの申込は落ちてしまうと次のキャッシングの申込の審査にも影響してしまいます。金利にこだわるのもいいですが、自身のない方は編集部厳選のキャッシングに申込むようにしてください。

大手消費者金融のキャッシング審査ならこの2社

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

  • 初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)あり
  • よく使う借入金額帯の金利が17.8%とクレジットカードのキャッシング枠よりも低い。
  • 借入相談にもアドバイザーが親身になってアドバイスをくれるのでまず相談してみるといいでしょう。
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
    借入限度額 最高500万円
    アコム
    三菱UFJフィナンシャルグループ

  • アコムのクレジットカード『アコムマスターカード』がクレジットカードの審査に通らない方のお助けカードとして有名。
  • 早めに返せば借りた日数分だけの金利でOK!
  • アコムのATMは24時間365日手数料無料。振込返済の振込手数料も無料
  • 実質年率 3.0%〜18.0%
    借入限度額 最高800万円
    モビット

    実質年率 3.0%〜18.0%
    借入限度額 最高800万円

    ネット銀行系キャッシングの審査ならこの2社

    金利 年利 4.0%〜14.5%
    限度額 最高 800万円

    金利 年利 0.99%〜7.99%
    限度額 最高 1,200万円

    金利 年利 9.0%〜14.0%
    限度額 10〜200万

    金利 年利 2.2%〜17.5%
    限度額 最高 800万円

    業者にとってのブラックリストとは

    銀行や信販会社や消費者金融会社などのキャッシング・カードローン業者が、利用者のブラックリストを持っている訳ではありません。

     

    只、個人の過去のキャッシング・カードローンの返済履歴やクレジットカードの支払状況などの信用情報は、個人信用情報機関に全て記録されています。

     

    一般的に言われる延滞や金融事故にも大きな程度の差があります。

     

    例えば、カードローンの返済日やクレジットカードの利用代金引き落とし日に、金額不足で銀行口座から引き落としができなかった場合が直ちに延滞になる訳ではありません。

     

    業者にもよりますが、引き落とし予定日から数日〜2週間程度入金が遅れた場合は延滞となって個人信用情報機関に記録されます。

     

    そして、この延滞の状態が61日以上続くと事故扱いになり、業界では俗にブラックリスト入りと呼んでいます。

     

    つまり、同じブラックリスト入りでも、数日〜2週間程度の延滞と延滞の状態が61日以上続くと事故と弁護士が介入した任意整理や裁判所の決定が必要な民事再生手続や自己破産と段階によって様々なのです。

     

    只、業者にとっては数日〜2週間程度の延滞も自己破産もブラックリストであることは同じで、新たな融資はできません。

     

    ブラックリスト入りでも違いが出るのは、延滞や事故の場合は5年程度でブラックリストから削除されるのに対して、任意整理・民事再生手続・自己破産の場合は5年〜10年間は新たな融資はできません。

     

    同じブラックリストでも返済が遅れた場合と、開き直って返済しませんというのとでは業者の対応が違ってくるのは無理の無いことです。

    カードローンについて相談

     

    カードローンについて相談です。友人の妻が、勝手に友人名義で銀行のカードローンに申し込みました。申し込みから1年ほど経って友人はカードローンの利用に気づいたのですが、その1年の間にカードローンの利用額がかなりの金額になってしまっていたようです。
    現在の金額は約200万円ということですが、銀行に事情を説明し、明細を銀行から確認しているところです。その際に申込書類に残っていた筆跡と友人の筆跡とが異なるといったことは銀行側も認めています。
    たとえば、これは銀行側の落ち度と考えることはできませんでしょうか。
    本人確認をすることなくカードローンを行っていることになりますので、そういった理由でローンを返済しなくても良いといったことはできないものかと考えています。また、友人の嫁に対しても、勝手に夫名義でカードローンから借入を行っていることについて訴えたりといったことはできませんか?


     

    まず、今回の場合はこちらで相談すると共に弁護士さんなどのような法律の専門家にも相談したほうが良いでしょう。状況を整理すると、質問者様の友人である夫は、自分の名義でカードローンが組まれていることを知らなかったということになります。
    普段家にいないことが多いことを考えると、カードや申込書類が郵送で送られてきても1年間発覚しなかった理由も十分考えられます。ここでポイントとなるのは、今回のカードローンの申し込み方法がどういったものだったのかという点です。
    夫の名義で勝手に申し込んだということであれば、おそらく銀行まで直接出向いて申し込んだというものではないと思いますが、もしも直接の申し込みでありながら夫の名義で妻にカードローンを行ったということであれば、これは銀行側の過失ということになります。三菱東京UFJ銀行カードローンの在籍確認の電話がありますのでそのような事はないはずですが。
    とはいえ、それでも妻に対して「ローンの返済をしなくても良い」ということになるのは難しいと思います。
    妻は「虚偽の申告」で銀行から融資を受けたわけですから、何らかのペナルティがあると考えられますが、その辺も含めて早い段階で法律の専門家に相談することをおすすめします。


    編集後記

    キャッシングの審査基準はあくまで公開しているわけではありませんので予測に過ぎません。しかし色々な要素、例えば金利や保証会社の回収能力などを調べていくとおのずとキャッシングの審査基準が見えてきます。

     

    金利から推察するには銀行のカードローンなんかは金利が低いですがその代わりリスクを少なくする為に審査基準が厳しくせざるを得ないことが容易に推察することが出来ます。その中でもネット銀行は信販会社上がり等の銀行のため独自の回収ルートを持っていることから審査はどういうものになるかそうぞうできますよね?

     

    少し金利の高い銀行系の消費者金融は上記に挙げた2社は銀行の保証会社をしていますし、老舗なので回収ルートは万全です。アコムなんかはその審査基準がクレジットカードでも活かされてカリスマ的カードアコムマスターカードになっています。総量規制施行後のおまとめローンの審査に関してはただ今調査中なので今しばらくお待ちください。

    2015/07/16 23:01:16 |
    これから私はいいかにを見つけていければいいのかなと考えています。日頃から、いいかになんて食べれるような事がないので、これから家族でおいしいかにを食べたいです。外で食べてもいいのですが子供がまだちょっと小さいので家で楽しめればいいなと考えています。そのために、人気のかに通販なんかはいいのかなと感じてい...